手漉き和紙 市兵衛は、人間国宝の九代 岩野市兵衛氏が茨城県大子那須楮を原料とする手漉き和紙“越前奉書”を原紙としています。

この紙は浮世絵などの木版画に用いられる紙で、手漉き和紙 市兵衛は、この紙にILFORD JAPANが独自の技術でプラチナプリント適正を付与したプラチナプリント用紙です。

こうして生まれたプラチナプリント用紙へプラチナプリントを作成することで、最高級品質のアーカイバルアート作品が生まれます。
トップに戻る